池新田まちづくり【ひょうたんの会】代表 大石 禮子 文責 黒田 典男
◆平成13年より御前崎市池新田のまちづくりを考えるひょうたんの会が、御前崎市教育委員会の保存するドンブチ公園にて、昔ながら【大正時代】の染物を現代に復元しようとがんばった結果、見事なドンブチ染を復元できました。
繰り返し、繰り返し、失敗を何度も経験し、やっと納得のいく色に染め上げる事が出来ました。
ドンブチ染めのイマメブルーイマメの藍染』です。
下の画像はいまいちで御座いますが、藍色に発色します。
グレーがかった藍色です。
◆2004年5月23日(日)イマメの新芽でドンブチ染めの再再検証の結果…見事大成功しました。画像を載せておきます。
ここからどうぞ。


◆NPO法人ウェルネス御前崎のお歳暮&年始のギフトとしてドンブチ染のハンカチを採用して頂きました。非常に好評だそうです。 下画像は2004年5月の検証の作品です。

◆ひょうたんの会の「ドンブチ染めでまちおこし」を会長がまとめました。エクセルファイルですので、ダウンロードしてご覧下さい。
ここからどうぞ…
月刊 染織α(アルファ)   染織と生活社 発行
◆2005年3月号にドンブチ染めを紹介して頂きました。詳しく説明が御座いますので、是非ご覧下さい。
1P
2P
3P
2005/2/22
ドンブチ染めがなんと抗菌防臭効果があることが判明しました。
(財)日本紡績検査協会の抗菌防臭検査により、黄色ブドウ球菌をこのドンブチ染めの綿糸の上にて培養した結果、普通の綿糸での培養実験の約2.5.倍以上も繁殖せず、菌を殺すという事が判明しました。
やはり先人の知恵というか、昔の人は身体で体感して解っていたのでしょうね。すばらしい結果でした。抗菌防臭を商品的にも謳えます。
おふきんやハンカチはもとより、Tシャツ、肉襦袢、靴下、帽子、等直接肌につけるものは特に効果が見込めそうですね…。商品化に向けて益々やりがいが出てきました。やったぁーーーっ。
2005年3月の「静岡県民だより」に掲載されました。
http://www.pref.shizuoka.jp/kikaku/ki-13/200503/seibu/index.htm
2004年10月の静岡県コミニュティづくり推進協議会の発行する「コミュニティ静岡」に掲載されました。
http://www.ashita.or.jp/~sizcom/keihatu96.htm
ひょうたんの会が静岡県の
平成16年度「コミュニティ活動賞」優秀賞を受賞しましたttp://www.ashita.or.jp/~sizcom/bosyu-2004.html
 
2005年4月13日(水)
◆ドンブチ公園にいって染物をテストしてきました。家で乾燥イマメ葉とイマメの皮を煮出して染め液を2時間かけて造りました。

その後Tシャツを輪ゴムと割り箸で絞り、色んな柄を考えて作成しました。
ドンブチ公園に行き定着液を井戸からバケツで汲み上げたら、バケツの中から【おたまっちょ】→(おたまじゃくし)の赤ちゃんがが2度も入ってきました。

染め液を作成中に浜中生(おにいちゃん達)がゲームをやりながら「くっせーっ」と言ってました。

そうなんです。イマメの染料もちょっと独特のくさみ(漢方薬みたいな…)のある染料なのです。
さらにドンブチの媒染液はもっとくさいんです。(爆)但し染め上がって乾くと全くその臭いは消えむしろ防臭効果もあるぐらいなのです。

染め上がった物の画像はチョッとお待ちください。まだドンブチ井戸に漬けっ放しなんです。(爆)後日アップいたします。

今日の庭の桜

乾燥イマメ新芽

イマメの皮

染色中

おたまっちょ1

おたまっちょ2

定着前Tシャツ

定着直後1

定着揉みだし中

ゲーム中浜中生

イマメの新芽の出し殻。後はメリーちゃん

ドンブチ染めで染め上げました
管理人が2003年4月〜2005年3月までの2年間静岡県コミュニティ推進協議会発行の「コミュニティ静岡」の編集委員として取材をさせて頂きました。
すべて現地に行って生の声を聞いた取材をさせて頂き本当に勉強になりました。ありがとうございます。

◆98号(平成17年4月号) 地域訪問記 町を活き活きさせるボランティア団体
相良町生涯学習ボランティア団体「スマイル」 (榛原郡相良町)


◆97号(平成17年1月号) 地域訪問記 敏と山村、交流の「里山づくり」
敷地里山クラブ (豊岡村敷地地区)


◆96号(平成16年10月号) クローズアップ 町内の各種行事に積極的に参加
高校生ボランティアグループ「まつぼっくり」 (浜名郡舞阪町)


◆95号(平成16年7月号) 地域訪問記 ふるさと振興に願いを込めて
三保地区まちづくり推進委員会 (静岡市清水三保地区)


◆94号(平成16年4月号) 外国人との共生をめざして
自治会サポーター委員会 (磐田市南御厨地区)


◆93号(平成16年1月号) 地球にやさしく、人にやさしく
みんなにやさしい引佐まちづくり推進協議会 (引佐郡引佐町)


◆92号(平成15年10月号) ここに生まれてよかったいえる地域づくり
継続的な農業体験塾が好評 WORK2 「こんこんだま」(天竜市大栗安地区)


◆91号(平成15年7月号) 子供たちと共に環境づくり
NPO法人「夢づくり21」 (藤枝市)

このページの管理人は会員の黒田典男です。
黒田の責任においてこのページは運営しています。