アートディレクター KASHIWA SATO ||| 佐藤可士和 くん応援ページ
遠州商人
----このページは勝手に管理人(黒田)がいとこの可士和くんを応援するあくまで私的ページです。----
可士和君の事務所(creative studio samurai)他とは関連していませんのでご了承願います。
本掲載に関しての質問等も一切お答えできませんので、よろしく願います。
佐藤可士和君のメディア露出 by私設広報部長のりちゃん
★KASHIWA SATO ||| 佐藤可士和 Web Site
◆ETSUKO SATO BLOG (佐藤悦子) Creative Studio 'SAMURAI' Manager
2006年6月
Pen 6月号 一冊まるごと 「佐藤可士和。」
◆すでに売り切れ中で、田舎の書店に無かったです。残念
2006年3月
NTTドコモ、キッズ携帯電話機"SA800i"携帯電話機“N702i”シリーズを発表、発売 ――可士和くんデザイン

「SA800i」キッズ携帯  三洋電機(株)

『N702iD』 日本電気(株)
可士和君の2006年1月のメディア掲載【NEW】
2006年 1月31日放映 
NHK プロフェッショナル【仕事の流儀】「ヒット商品はこうして生まれる」 佐藤可士和

http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/060131/
可士和君の2005年2月のメディア掲載
1 「GA JAPAN」(GA) 2/25発売73号
   巻頭インタビュー「Topics」
可士和君の2005年1月のメディア掲載
1 「Gainer」(光文社) 1/10発売
    インタビューページ「A Man og The Month」

2 「ブルータス」(マガジンハウス)1/15発売
   特集:こどもを作ろう
   現在進行中のようちえんプロジェクトの取材。

3 「Pen」(阪急コミュニケーションズ)1/15発売
   特集:広告のデザイン
   世界のクリエイティブディレクターが選ぶベストグラフィック広告
可士和君の2004年12月のメディア掲載
1 「TOKYO STYLE」(金沢倶楽部) 12/1発売
 巻頭インタビュー「People」

2 「宣伝会議」(宣伝会議)12/25発売
   コミュニケーションビジネスの近未来

3 「デジタルスタジアム 年間アワォード」(NHK BS)12/21〜23
   詳しくはこちらに↓
   http://www.nhk.or.jp/digista/onair/index.html
可士和君の2004年11月のメディア掲載
1 「天職のとびら」(テレビ東京)
11/20(土)22:54〜22:59
   天職と思える仕事についた人を紹介するミニ番組

2 「朝日新聞」夕刊レッツ面<イチオシ>
   11/22(月)or29(月)
   各方面で活躍する若手を紹介するコーナー
可士和君の2004年10月のメディア掲載
1 「デジタルスタジアム」
     10/1(金)24:00〜24:30  NHK BS-2
   10/4(月)1:00〜1:30  BS-hi
     10/7(木)14:30〜15:00  BS-hi(再)

   レギュラーでキュレーターを務める番組。
  今回のゲストはスタイリストのソニア・パークさん。

2 「広告批評」(マドラ出版) 10/5発売
   特集:佐藤可士和
   これまでのほぼ全仕事カタログ、本人インタビュー、
   12人が語る12の佐藤可士和など、盛りだくさんの内容です。


【個展のお知らせ】
「佐藤可士和展〜BEYOND〜」が下記の通り開催されます。

佐藤可士和〜BEYOND〜
11/4(木)〜11/27(土) 11:00〜19:00(土曜日〜18:00)
日祝祭日休館 入館無料
ギンザ・グラフィック・ギャラリー
中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F
TEL:03-3571-5206


http://www.transart.co.jp/map_ggg.html
可士和君の2004年9月のメディア掲載
1 「ブレーン」10月号(宣伝会議) 9/1発売
   特集:新しい発想でデザインする
    2005春夏のミラノコレクションでメインモチーフとして
    発表されたISSEY MIYAKE MENのデザインについて
    ファッションデザイナー滝沢直己さんと対談

2 「Domani」(小学館) 9/1発売
   特集:表参道
    表参道についてのエッセイを執筆

3  「MEN'S NON-NO G」(集英社) 9/10発売
    特集:達人に学ぶ大人のおしゃれの極意
    この秋お気に入りの私服で登場
可士和君の2004年8月のメディア掲載
1 「Begin」(世界文化社)8/16発売
   連載:聞かせてしゃもじ

2 「anan」(マガジンハウス)8/18発売
   特集:インテリア samurai 事務所が紹介されております。
可士和君の2004年7月のメディア掲載
1 「カーサブルータス」8月号(マガジンハウス)7/10発売
   国内外のコンランショップの愛用者としてその魅力を語ります。
2 「日経ビジネスアソシエ」(日経BP社)
7/20発売
   特集:
Business Smap!

また下記展覧会も開催中です。
「ADC展2004」 
7/2〜30
ギンザ・グラフィック・ギャラリー
 中央区銀座7-7-2 
DNP銀座
11:00〜19:00(土曜〜18:00) 日祝休
会員賞受賞作「体質水」他「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」や「シフクノオト」などの作品が展示されております。
可士和君の2004年5月のメディア掲載
1 「ブルータス」6/1号(マガジンハウス)5/15発売
   クリエイティブディレクター特集
   裏表紙から始まる8ページの極生特集をご覧ください。
   ★5/31までしか店頭にないと思います。
    
2 「日本経済新聞」5/31(月)or6/7(月)
   連載「メディアの仕掛け人」
   毎週月曜日連載のコラムです。
   事件の起こり具合によって掲載がどちらかになる模様です。

可士和君の2004年4月のメディア掲載
1 「ブレーン」5月号(宣伝会議)4/1発売
   青山デザイン会議:「デザインの次にくるもの」というテーマで
   日比野克彦さん、黒崎輝男さんとの対談

2 「デジタル・スタジアム」
   (NHK-BS1)
4/3(土)23:00〜23:30
    番組に寄せられたデジタル作品を建築家の荒木信雄さんとご一緒に
    キュレーション

3 「SWITCH」5月号(スイッチパブリッシング)
4/10発売
   Mr.Children特集:アートワークを担当した新譜「シフクノオト」の
   世界観を語っています

4 「ニューデザインパラダイス」
   (フジテレビ)
4/15(木)24:35〜25:05
    日常あたりまえのよう使われているモノのデザインを考え直し、
    リ・デザインするという小山薫堂さんによる新番組
    第1回目のクリエイターとして何をリ・デザインしてみせるか

可士和君の2004年3月のメディア掲載
1 「AXIS」vol.108(アクシス)3/1発売
   巻末連載ページ「短長紙情」にて、ブランド論を直筆で披露しています。
   

2 「送ってみよう!ケータイ俳句 〜春の雪解け大句会スペシャル」
   (NHK BS−2)3/21(日)19:20〜21:20
   日本中の若者達から集まったケータイ俳句から大賞を選出する生放送番組
   金子兜太さん(俳人)、石田衣良さん(作家)、井川遥さん(女優)と共に
   審査員をつとめます。

可士和君の2004年2月のメディア掲載
1 「anan」(マガジンハウス)2/18発売
   特集:あこがれのあの人から生き方メッセージ
   星野仙一さん、桃井かおりさんなど各界を代表する著名人から
   読者への生き方メッセージ


可士和君の2004年1月のメディア掲載
1 「ブルータス」(マガジンハウス)1/15発売
   特集:大人の会社見学
   <佐藤可士和の「いい会社」の作り方講座
   今最もCIを任せたいクリエイターとして紹介

2 「ポパイ」(マガジンハウス)
1/25発売
   特集:SONY
   <ソニーマニアBIG2対談>
   ファッションディレクター高木康行さんとのソニーの魅力について対談

可士和君の12月のメディア掲載
1 「ポパイ」(マガジンハウス)12/10発売
   popping interview(レギュラーの3Pインタビュー)

2 「ブレーン」(宣伝会議)
12/28発売
   クリエイティブダイアローグ

3 「広告批評」(マドラ出版)
12/28発売
   Mr.ChildrenのプロデューサーでありMy Little Loverの小林武史さんとの対談

4 「デジスタアウォード2003」(NHK-BS1)
   
12/28(日)22:00〜23:50
   
12/29(月)12:00〜13:50
   この1年にデジスタで選出された各作品の年間アウォード表彰式の模様

また、
12/10(水)〜12/25(木)ラフォーレミュージアム原宿にて
「NUEVA 2003」というショートフィルムのフェスティバルが開催されます。
過去3回NYで開催され、映画監督はもちろん、ファッションデザイナー、フォトグ
ラファー、建築家など様々な分野で活躍するクリエイターの、ショートフィルム作品
を上映している、とても面白いイベントです。
佐藤可士和君も「ART DESIGN」という作品を出品しておりますので、機会がございまし
たら、ぜひお立ち寄り下さいませ。
可士和君の11月のメディア掲載
1 「Bing」(リクルート)11/5発売
   21世紀を働く(巻頭インタビュー)

2 「ブルータス」(マガジンハウス)
11/15発売
   切手特集
   村上隆さん、篠山紀信さんとご一緒にクリエイターが作る理想の切手を
   デザインしました。表紙にもその切手が出ております。

3 「デジタルスタジアム」(NHK-BS1)
11/22(土)23:00〜23:30
   <新しい日本>というテーマで集まった作品を篠山紀信さんとご一緒に
   キュレーションいたします。
可士和君の9月・10月のメディア掲載
1 「GINZA FOR MEN」(マガジンハウス)9/24発売
   お洒落な大人のいい普段着

2 「エスクァイア」(エスクァイアジャパン)
9/24発売
   あの人の普段着

3 「ブレーン」(宣伝会議)
10/1発売
   街をつくる建築と広告(仮)
   (建築家・隈研吾さんとの対談)
可士和君の7月・8月のメディア掲載
◆可士和ファンは絶対チェックしてね!!
1 「宣伝会議」(宣伝会議)7/26発売
   特集:大予測 どうなる?10年後の広告ビジネス
   現在そして10年後の広告や自分のスタンスについてのインタビュー

2 「TIME」(アメリカTIME INC.)8/4号(発売は前週)
   特集:What's cool about JAPAN?
   ★米「タイム」の日本特集です。大手書店でご購入いただけます。
   世界的な大事件が起きた場合はずれる可能性があります。

3 「ポパイ」(マガジンハウス)8/11発売
   特集:マイ・レジェンドブランド
   大好きなブランド「ロレックス」についてのインタビュー
可士和くんの6月のメディア掲載
 「ブルータス」(マガジンハウス)6/15発売
   特集:アートを買いたい
   アート特集の中で、実際にアートをとけ込ませている自宅インテリアを紹介

 「マンスリーm」(有文社)
6/27発売
   特集:『好きなクルマはいつも、評判が悪かった。』
   自分にとってのグッドデザインなクルマについて話しています
  ★「アミー6」バックに可士和くん写真付き!

 デザイン誌ですが、現在発売中の「ブレーン」で六本木ヒルズの「TSUTAYA TOKYOROPONGI」のアートディレクションの仕事を詳しく紹介。

◆可士和くんの事務所と自宅に押しかけました…。
2003/05/20
私の家族が青山の事務所と原宿のご自宅まで押しかけました。(笑)
事務所はスッキリはっきり必要な物しか置いてない、まさにクリエイティブなお仕事に適している環境でした。
私の机や廻りとえらい違い(一緒にするほうがおかしいですね(爆))
夜は六本木ヒルズのグランドハイアット東京の?階の素晴らしいレストランでご馳走になりました。ごちそうさまでした。(可士和君アフリカの赤ワインが忘れられません…(爆)(マジ))
ご自宅にもお伺いさせていただきました。
真紅のソファーが真っ白の部屋に映えて素晴らしい・・・。ギブソンのレスポール・・・ピービーのアンプ・・・超一流アーチストに描いていただいた可士和君の絵・・・あのルイ・ビトンとコラボされたアーチストの村上隆さんの作品・・・。まったくすべてに生活臭がしないのは・・・・・????本当にここで生活してるの?というぐらいシンプルかつクリエイティブなお部屋でした。
お部屋自体が作品と化していました。(笑)
うちの子供たちが可士和君の奥様にゲームを、なにやら教えていました(笑)え○こさん、ハーブティーもおいしかったなぁ・・・ありがとね。。 子供たちにも可士和ご夫妻からプレゼントを頂いて本当に一生の宝物にすると言っていました。可士和君ありがとね。益々可士和ファンになりました。これからも本当に素晴らしい作品を世に産み出してくださいね。 
お暇つぶしにどうぞ・・・よんでみてね。
管理人のいとこの佐藤可士和くん。朝日広告賞(2000)を受賞いたしました。ホンダステップワゴンのあの「こどもといっしょにどこいこう。」のキャッチコピーやCM作成にも携わっています。すごいいとこがいたもんです。こないだ【2002/05】あのベッカムも来た、浜岡ゴルフ場でゴルフをやりに来ました。
可士和君の代表作は
◆ホンダステップワゴン
◆SMAP
◆キリンちびレモン
◆キリン極生・生黒
◆TBC木村拓哉さんの・・・
◆大塚製薬 カロリーメイト
他数えきれないぐらいの…
■ステップワゴン相良の海原点あり!?
ホンダのステップワゴンは相良の海が大基本にあり、子供が車の横で浮き輪をもち、「わくわくどきどき」まだかな・・・はやくいきたいなぁ・・・と待っている風景は可士和くんが子供のころの相良「母方のおざいしょが静岡県の相良」で体験したそのものをクライアント[ホンダ]に熱く語った所どうも「それでいこう」という事になったそうです。ステップワゴン相良の海に原点あり。
かくいう私も白のステップワゴンの4WDに乗っています。乗り心地最高♪

御前崎の海でサーフィンを中学校の頃教えてあげたのも私です。(爆) 他にも何か悪い事も私に教わったといってましたっけぇ。(笑)良いことも悪いこともいっぱい静岡で教わったみたいです。(爆)(逃)

●がんばれ可士和君!!さらにクリエイティブなアート(作品)を世に生み出してください。
byいとこの管理人のりちゃん

★著書も出していますので是非買ってあげてください。
佐藤可士和の仕事と周辺
                   佐藤可士和 著

【発売】六耀社
【本体価格】2800円
【発行年月】2001年 6月
【ISBN】4-89737-358-1

祝 ADCグランプリ受賞!SMAP、チビレモン、ホンダステップワゴンなどなど、ポップで明快、スピード感あふれる広告を作り続ける、アートディレクター佐藤可士和の仕事集。コメントを寄せるスペシャルゲストも、青木克憲、秋山晶、大貫卓也、タイクーングラフィックス、村上隆など豪華メンバー。

ここからどうぞ↓
http://www.aoyamabc.co.jp/public-html/RECOMMEND/design/D110901.html

★佐藤可士和くん
佐藤可士和 Kashiwa Sato プロフィール
1965年東京生。1989年多摩美術大学グラフィックデザイン科卒。同年、博報堂入社。2000年博報堂退社。同年、クリエイティブスタジオ サムライ 設立。東京ADC会員、東京TDC会員、JAGDA会員。

主な仕事:
本田技研工業ステップワゴン、インテグラ、プレリュード、キリンチビレモン、キリン極生・生黒、TBC 木村拓哉キャンペーン、パルコ企業キャンペーン、スマップ、森高千里、Hi-STANDARD等、商品開発から広告キャンペーンまで幅広く、トータルなクリエイティブディレクション、アートディレクションを手掛ける。

主な受賞:
東京ADCグランプリ(2001)、東京ADC賞(1996、98)
朝日広告賞(2000)、亀倉雄策賞(2001)、
東京TDC金賞(2000)、JAGDA2000新人賞、
ACC特別賞(2000)、ACC金賞(2000)、
日本パッケージ大賞金賞(2000)
日経トレンディ広告賞(1997)
毎日広告デザイン賞優秀賞(1997)
JR東日本ポスターグランプリ銀賞(2000)
ニューヨークフェスティバル銀賞(1999)ほか多数。

著書:
『佐藤可士和の仕事と周辺』(六耀社)、
『A.D.2000』(マドラ出版)